1. TOP
  2. ライフ
  3. 【がっちりマンデー】全自動歯ブラシGenics!咥えるだけ30秒スピード歯ブラシのお取り寄せ

【がっちりマンデー】全自動歯ブラシGenics!咥えるだけ30秒スピード歯ブラシのお取り寄せ

 2022/10/29 ライフ
この記事は約 4 分で読めます。 2,703 Views
genics

2022年10月30日放送のがっちりマンデーで30秒スピード歯ブラシ「全自動歯ブラシGenics」について紹介!

ジェニックスについて紹介してくれたのは現役の大学院生
(株)ジェニックスの栄田源社長です。
スポンサードリンク

次世代型全自動歯ブラシGenics(ジェニックス)!

次世代型全自動歯ブラシGenicsは
早稲田大学と早稲田大学生企業のGenics社の共同研究で生まれた
手を使わず優しく、しかもしっかり歯を磨いてくれる「自動歯ブラシ」

マウスピース型の歯ブラシを
ただ咥えているだけで自動で歯磨きができてしまうという夢のようなプロダクトです!

咥えるだけで歯磨きできる歯ブラシ

今まで色々な自動歯ブラシが発売されていますが、
ほとんどが手で持つ必要がありましたよね。

でも次世代型全自動歯ブラシGenicsは
手で持つ必要すらありません。

30秒スピード歯ブラシ

Genicsは歯列に沿って上下左右にブラシが動いてくれるので
たった30秒で一般的な手を使った歯磨きと同じレベルで
歯を磨くことが可能。

つまり、
手ぶらで時短の歯磨きが可能なので、
さまざまな需要にアプローチすることができますね。

ジェニックス全自動歯ブラシの仕組み

全自動歯ブラシGenicsの重さは約250g
そしてこの本体に14本のブラシがついています。

スイッチを入れることで
横移動しながら同時に回転してくれ、
歯の隙間や歯の間の歯垢、歯の裏側まで磨いてくれちゃいます!

ジェニックスを実際に使ってみた口コミは?

機能がすごいことはわかったジェニックスですが、
実際に歯を磨いてみると、どうなんでしょうか?

試してもらった結果。。

「磨けてるかわからない
磨いてもらっているかわからない」
という感想が。

でも、栄田源社長によると、
そこが狙いだということ。

実は普段の歯磨きでは歯茎に強めに当たっている可能性があるので、
あえてソフトに磨いている感覚を感じない程度に磨くというコンセプトなんだそう。

でも、
磨き残しはないの?
手で磨いたほうが磨けるんじゃないの?
と思いますよね。

そこで
手磨きと全自動歯ブラシで実験してみた結果、
全自動歯ブラシの方が磨けているという結果に。

咥えるだけ!おすすめ全自動歯ブラシのお取り寄せ

Genesisではありませんが、
咥えるだけで歯磨きができる電動歯ブラシはこちらからお取り寄せできます!

まとめ

Genics、すごいですね。
でも1つだけ気になるのは
どんな歯並びでも本当に問題ないのか?
ということです。
これが全く問題ないのであればさまざまなアプローチができそうですよね!

全自動歯ブラシGenicsは介護施設や障害のある人への利用を目指しているということですが、
将来的には全世界の人を目指していて
目標は5年で25億円、将来的には700億円だそうです。

・歯に関する人気記事はこちら

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

イーティングライフ!の注目記事を受け取ろう

genics

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イーティングライフ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sointe

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ひるおび】ハンドクリーム目的別!紅茶の香り・トーンアップ・薬用消毒・水仕事

  • 5時に夢中【辛子れんこんの作り方!やっつけ晩御飯レシピ】

  • 【ヒルナンデス】まるでこたつソックスが評判な理由!冬あったかグッズSP

  • 【がっちりマンデー】ネムリス!最新スマート枕はロボット自動昇降枕最新版ピックス

関連記事

  • 土曜はナニする【調理グッズ!トンドリオーブンや左右温調ホットプレート・焼き鳥メーカー・オムレツターナーシートなどを家事えもんが紹介】

  • ZIP【読書アイテム!防水ブックカバースタンド・フラミンゴブックマーク・ウエストクッション・うつぶせ三角クッション】

  • あさイチ【二重あご&ほうれい線解消顔筋トレストレッチ!ウーイーニーギューのやり方】

  • キラリ麹の炭クレンズ生酵素は痩せない? 知恵袋の口コミは嘘?

  • めざましテレビ【お取り寄せ餃子!マカロン餃子など】

  • アッコにおまかせでTABETE!フードロス削減について紹介